レザークラフト床面磨きの2ステップ

レザークラフトの「床面磨き」はレザークラフトの参考書にも必ず書いてある行程です。床面磨きは4つのステップでできます。この記事でレザークラフトの床面磨きをマスターしましょう!

床面磨きの道具は2つだけ

床面磨きを始める前に、2つの道具を手に入れましょう!手芸屋さんや、ネットショップでも手に入れることができます。

仕上剤

トコノール

まずは「仕上剤」です。今回は仕上剤にトコノールを使います。トコノールはSEIWAという会社が販売している商品の名前です。なんと!販売から50年以上経つロングセラー商品だそうです。レザークラフトをやっている人たちの多くがこのトコノールを使っているようですね。私もトコノールを使っています。

コーンスリッカー(プレススリッカー)

コーンスリッカーには3つの形があります。

このヘンテコな形の道具ですね!はじめて見たとき、これ・・・どうやって使うんだ?って思いました(笑)

コーンスリッカーにはいろいろなカタチがあり、磨く場所によって変えながらつかっていきます。

床面のように磨く範囲が広いときはこのカタチのコーンスリッカーを使います。で、ゴシゴシとトコノールを床面に塗り込むのです。

ひたすらゴシゴシ磨くべし

コバを磨くときはこのコーンスリッカーや、このコーンスリッカーを使います。使いやすいものを使いましょう。

ミゾに合わせてゴシゴシ磨く

ガラス板

コーンスリッカーではなく、ガラス板でも代用できます。もし、ガラス板を使うときは注意してください。

落としたら当然・・・割れます(笑)

はじめよう!床面磨き!

道具はこの2つだけでOKです。

では、具体的にどうやって床面を磨くのか?ステップバイステップでやってみましょう!

床面にトコノールを塗る

トコノールを床面に塗ります。もし、手荒れしそうならゴム手袋をつけてやってもいいかもしれませんね。

中央あたりにトコノールを。

慣れるまでは少しずつトコノールを塗るようにしましょう。ベチャベチャ塗るとトコノールは、思った以上に早くなくなります(笑)

エコ&節約しましょうね。

コーンスリッカーでゴシゴシ

あまりチカラをいれないように、ゴシゴシ磨きます。チカラを入れすぎると薄い革だと曲がってしまうことがあります。

どの程度やるのか・・・う~ん、満足できるまでですね。磨けば磨くほどツルツル、ピカピカになります。

1分経過
5分経過
10分経過

3枚を比較するとのこのような感じです。

1分、5分、10分の比較

写真だとわかりにくいかもしれませんが、かなり違います。

本当は1時間もテストしてみたかったのですが、指と腕が悲鳴を上げたのでやめました(笑)

床面磨き、やる?やらない?

今回はレザークラフト関連の本にもほぼ出てくる工程「床面磨き」についてお話ししました。

床面磨きをすると、ツルツル、ピカピカになりますし、水分や油からも革を守ることもできます(トコノールのおかげですね)

(左)床面磨きなし(右)床面磨きあり

しかし、「床面を磨かない」という選択肢もあります。床面を磨くとツルツル、ピカピカして「革!レザー!」って感じがなくなってしまうんですよね。

作品によって床面を磨くか決めてもいいですね。あとはモチベーションが続くかどうかです(笑)

最新情報をチェックしよう!
>ココレザー SAEKO

ココレザー SAEKO

元全国規模アパレルショップで働く。革製品がもともと好きでレザークラフトを愛知県名古屋市で行う。2017年にレザークラフトを始め、2019年よりレザー製品の販売を始める。

CTR IMG