レザークラフトの始め方

レザークラフトは誰でも始めることができます。
私がレザークラフトを始めたとき、お金も人脈もありませんでした。あったのは「レザークラフトやりたい!」って感情だけ(笑)
そして、今も独学でレザークラフトを学び続けています。ですから、あなたもレザークラフトを始めることができますし、キーホルダーや長財布、カバンだって将来的には作れるようになります。

初期投資は1万円ぐらいから始められます。
  • 大きな初期投資はいりません。1万円もあれば始めることができます。
  • 広い作業スペースも入りません。小さな机でもレザークラフトを始めることができます。
  • 本やインターネットを使って、独学で始めることができます。

必要なのは「レザークラフトやりたい!」って気持ちがあればいいんです。それとちょっとのお金。あなたがこの記事を読んで、レザークラフトを始める一押しになれば嬉しいです。

あなたのタイプは?

どんな趣味、仕事でも向き不向きがあるように、レザークラフトにも向き不向きがあります。
向いているのは「コツコツタイプ」の人です。満足できる作品をコツコツ楽しみながらやれる人がやっぱり上達します。それと「とりあえずやってみるか!」と言える「思い切りの良さ」がある人にも向いています。

向き不向きの話をしましたが、もしあなたが「コツコツタイプ」でなくても安心してください。
それにもしあなたが「思い切りが悪いタイプ」でも安心してください。
レザークラフトをやっていくうちに、考え方は変わります。

コツコツやるのが向いていない人でも、気がつけばコツコツやるようになります。
思い切りが悪い人でも、気がつけば思い切りが良くなっています。
上手くいかずに泣いたとしても、1ヶ月後にはきっと笑えるようになるはずです。

これ全部、私がそうでしたから(笑)
すぐに結果を求めて、革を裁断するのにビビって、毎日上手くいかずに泣いていました。
それでも今、私はレザークラフトを続けています。

レザークラフト4つの学び方

さて、レザークラフトを学ぶ方法を4つ紹介します。「レザークラフトを始める!」といっても学ぶ方法を知っておかなければ、始めれませんからね。これから紹介する4つの方法、あなたにとってどれがベストか選びましょう!

先生に教えてもらう

一番、手っ取り早い方法です(笑)レザークラフトの達人に教わるのが一番です。ただ、高い。5万円、10万円を出すことができなかったので、私は独学になりました(笑)
先生に教えてもらうメリットは「信用できる技術」「知りたいことがすぐ聞ける」ってことですね。そして、デメリットはお金がかかる・・・ですね。

本から学ぶ

独学ですね。レザークラフトの本は160冊(2017年8月 Amazon調べ)ぐらい出ているので教材には困らないとおもいます。まずは、初心者向けの本をまずは2冊、3冊買うのがいいですね。それと、型紙がついているものを絶対に買ってください(^^)
技術ばかりあっても、型紙がなければ作品を作ることができませんからね!(最初から型紙を自分で作るのは、大変すぎるのでオススメしません・・・。)

型紙がついている本を選びましょう

インターネットから学ぶ

インターネットから学ぶのも独学ですね。ただ、技法などについては本から学んだ方がいいです。なぜなら本なら「情報をまとまって知れる」し「型紙が無料でついてくる」からです。1冊か2冊ぐらい、本から学んでからだとすんなり受け入れられると思います。
そして、インターネットで学ぶならインスタグラムがオススメです。インスタグラムには、レザークラフト作家さんも多くいます。作りたい作品があるなら、作家さん達のデザインはすごい参考になります!

レザークラフトを始めるための道具

レザークラフトを始めるためには道具が必要です。作品にもよりますが、小さな作品だったら10000円もあれば揃います。私がレザークラフトの「はじめの一歩」を踏み出したときに買った、道具一覧を作りました。もちろん、道具はもっとありますが最初はこれだけあれば十分です。

1万円以内で揃うレザークラフトの道具
道具の名前道具の使い道道具の値段
はぎれ革のはぎれです。作品の元となる革ですね。ネットや手芸屋さんで買うことができます。1000円~2000円
菱目打ち革に針と糸を通すための「穴」を開ける道具です。400円
スティッチング・グルーバー菱目打ちのガイドになる線を革にひくための道具です。1300円
ゴム板菱目打ちをするときに革の下に置きます。300円
革包丁革を型紙通りにカットするために使います。350円
蝋引き糸蝋でコーティングされている糸です。400円
革用針革に使う針です。600円
ハンマー菱目打ちをするときに叩きます。100円
はさみ型紙を切ったり、糸を切ります。100円
カッター型紙を切ります。100円
カッターマットカッターの下に引いて机に傷が付かないようにします。700円
本 + 型紙レザークラフトの技術を学びます。2000円~3000円

他にも「仕上剤」「コーンスリッカー」「スティッチングポニー」など、道具はたくさんあります。全部揃えると、かなりお金がかかるので・・・まずはこの12の道具を揃えましょう!

モチベーションの保ち方

「思ったように出来ない!」ってことがよくあります。レザークラフトは、モチベーションをどれだけ下げずに楽しめるかが勝負です!モチベーションを保つには「人に話すこと」がオススメです。友達でもいいですし、家族でも、パートナーでも。「今日はこういう作品を作ったんだよ~」とか「こういうのってカワイイかな?」とか・・・。なんでもいいんです。

一人で閉じこもってやっていると、モチベーションは下がってしまいます。レザークラフト仲間を見つけることができれば一番良いですね!

最後に

レザークラフトを始めると「高い壁」に当たりイライラすることもあります。しかし、作品が完成したときはと~~~ってもハッピーにもなります。それにトモダチや家族から「すごい!」って言われてハッピーになることもあります。失敗を恐れないでくださいね。レザークラフトの達人(レザークラフトでお金をもらっている人)でさえ、上手くいかないことがあるのですから。恐れずにレザークラフトを楽しみましょう!

最新情報をチェックしよう!
>ココレザー SAEKO

ココレザー SAEKO

元全国規模アパレルショップで働く。革製品がもともと好きでレザークラフトを愛知県名古屋市で行う。2017年にレザークラフトを始め、2019年よりレザー製品の販売を始める。

CTR IMG